帰還

-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
Monthly : -----
Category : スポンサー広告
New >>
夕紅
<< old
夏の思い出
Blog Ranking

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2006-09-02 (Sat)



こんばんは、朝晩がだいぶ涼しくなってきました。もう9月、月日が
過ぎるのが年々早く感じます。
EF58-150号機・・・JR西日本に在籍する古参の機関車です。今から40年
以上前に製造されました。台車に異常がみつかり検査のために下関へ
行ってました。幸い致命的な異常ではないようで、無事単機で大阪へ
帰ってくることになりました。まだ撮影したこともない150号機なので
何とかして、撮りたかったです。仕事のあと車を西へ走らせましたが
せいぜい行けても神戸市内・・・これという場所もなく元町の山手側から
流しました。やってしまった・・・・仕上がりを見て(汗)
150号機のフェイスはきっちり止めたかったです。
やはり+2/3or1増感してSSは最低でも1/30ぐらいまでにしておかないと
一発勝負では、厳しかったです。

JR神戸線 元町駅
EOS3+EF70mm-200mmF2.8L RXP F開放 1/10 ISO400

ef58-150-1-11.jpg

元町で流したあとは、バルブ撮影すべく追っかけ!情報では、灘で
約50分の停車。元町から灘まで約20分少々。慌てる必要はありません。
余裕で灘駅に到着、入場券を買い跨線橋から150号機の場所を確認。
さてどの位置か・・・あれっ!居ない。もう行ってしまったか・・・!
そんなハズはないし・・・。落ち着いてよく考えると、情報の灘は灘駅で
なく灘(信)に間違いない・・・自分の早合点に焦りまくりで灘駅をあとに
しました。しかし灘(信)なんて場所は分からないし、ナビにも載ってる
分けないしで、動物的勘を頼りに線路沿いを走ります。すると小高い
オーバーパスから赤いテールランプ2つが見え、あれに間違いなしと
車を走らせました。停車位置から、撮影できる歩道まで少し距離が
ありますが、障害物もさほど問題なく無事バルブ撮影できました。

JR神戸線
六甲道-灘(信)
EOS3+EF70mm-200mmF2.8L RXP

ef58-150-2-1.jpg


EF58は機関車内の電灯が白熱灯なのか、夜には暖色系でとても味わいが
あるので、前から一度はバルブ撮影をしてみたいと思っていたので、
念願がかなってよかったです。場所の窮屈さは、この際あまり問題では
なかったです(笑)

JR神戸線
六甲道-灘(信)
EOS3+EF70mm-200mmF2.8L RXP
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2006-09
Category : 鉄道写真
Comment : 12
Trackback : 0
New >>
夕紅
<< old
夏の思い出
Blog Ranking

にほんブログ村 鉄道ブログへ

Comment

teddy bear : 2006年09月02日(土) 19:03 URL edit
初めまして。teddy bearと言います。
質の高い作品等、度々拝見させて頂いてました。
自分は、ジャスピンだけがいいとは思わず撮ってます(たんにヘタレ)ので、
1枚目の夜の茶カマEF-58流し、個人的には気に入りました。

半地元、東海茶カマもこの様な感じで撮っておいたらば......と、後悔してます。
また、お邪魔に上がりますので、よろしくお願いします。

junpei : 2006年09月03日(日) 22:21 URL edit
teddy bearさん

こんばんは、初めまして。コメントいただきましてありがとうございます。
EF58流し・・・お気に入っていただいて嬉しいです。
手応えとしては、止めたと確信していたのですが、甘かったです(^^ゞ
神戸市内通過予想時刻は19時前後
やはりもうこの時期では真っ暗でした(汗)

東海の122号機が離脱した今、この150号機は末永く頑張って欲しいですね。
私のほうもまたお邪魔させていただきますので、これからも宜しくお願いします。

ありがとうございました。


だみかんの夫のほう : 2006年09月03日(日) 23:09 URL edit
こんばんは、いいですね。かっこいい。どれも美しいのですが、3枚目の作品最高です。
ボディへの光の映りこみが、何ともたまりません!

平成2年5月12日、EF58 150が引く、ムーンライト高知に乗りたくて、高知まで一人旅して、ふたたびこれで帰って来た事を覚えています。(四国内はDE10)

この機関車は大好きで、プラレールも子供の魔の手に掛からぬように、保管しています。
松本 順司 : 2006年09月04日(月) 00:09 URL edit
こんばんは。
150号機無事に帰ってきてくれましたね。
私も出撃してたのですが、一灯ライトが見えた時はほんと嬉しかったです。
室内灯の明かり58はこの暖色系の色がほんとカッコイイですね。
バルブの作品ですがこの明かりと150号機の重厚な車体の輝きのみで下部の草やバックのマンションも全然気になりませんね。
テールの赤渋いです!
しかもエンドを結ぶ機内路にも明かりが付いていて羨ましいです。
東灘(信)は敷地外からでも撮れるのですね。
私も帰りに行けばよかった・・・

次は是非客車を牽引してもらいたいですがそれよりも動態保存して大事にされてるJR西に感謝です。
ほんと末永く頑張ってほしいです。
taro : 2006年09月04日(月) 10:55 URL edit
ゴハチ!!
かっこええ!!!

あわてっぷりが伝わってきて
個人的には同感できてすごく楽しいですw
hiroshi : 2006年09月04日(月) 22:30 URL edit
今晩は、再び
昔ならこんな出来事も、雑誌でしか拝見出来ないのに
リアルタイムに近い出来事がホットにみられるのもありがたいことです。
ゴハチ-イゴマルその重厚さがいいです、室内の暖色が特徴なのでしょうか
凄く暖かい雰囲気にみえます、照明でボディの凸凹がまた時代を
かんじさせますね。
古豪でしょうが、また客車牽引し走る姿も見てみたいです。
お疲れさまでした、追っかけ気をつけてくださいね(^・^)
junpei : 2006年09月04日(月) 22:53 URL edit
だみかんさんのご主人さん

こんばんは、いつもありがとうございます。ボディの凹凸にうまい具合に光が
反射してくれました。なんと・・・!!昔はムーンライト高知の運用に入って
いたんですね。知らなかったです。すごく羨ましい時代ですね(^^)

今なら激パ必至ですね(笑)
私も青のゴハチのプラレールは持っていました。大事にしていたけど多分実家で
処分されてると思います・・・(汗)

茶色のおじいさん機関車っていう風情ですけど、まだまだ活躍して欲しいですね。
ありがとうございました。
junpei : 2006年09月04日(月) 23:02 URL edit
松本さん

こんばんは、いつもありがとうございます。松本さんも出撃されていたんですね。
西の方で撮られたのでしょうか?ちょっとお天気が生憎でしたね。しかし単機で無事帰って
きてくれたので、嬉しいですね。 神戸の街中を通過するゴハチも中々味わい深かったです(^^)
ご存知かも知れませんけど、昨年撮影のためにでゴハチが呉線へ入線しましたが
その映画が来月公開のようです。昨日321系の車内モニターでもCMが流れていました。

http://www.tabi-000.jp/
ポスターにもイゴマルがでかでかと写っていて嬉しい限りです。
呉線の時は、松本さんは確か撮影に行かれたんですね?写真展の時に拝見した
写真だったと記憶しています。

灘(信)は、一番乗りだったのですが続々と5,6名ぐらい来られミニバルブ大会になって
いました(笑)

次は客車牽引ですね。運用に入るのを心待ちにしています。
ありがとうございました。
junpei : 2006年09月04日(月) 23:08 URL edit
taroさん

こんばんは、いつもありがとうございます。
慌てっぷりに笑っていただけました?(^^)想定外のことが起きるとパニってしまいます。
無事イゴマルを発見できて良かったです。
慌てっぷりのエピソード・・・灘駅を撤収し、車へカメラバッグを積み込む最中に
カメラをむき出しで地面へ落下させる失態・・・(汗)マジ顔面蒼白になりましたが
ぶっといパワーブースターとレンズフードに助けこれでられて、虎の子の白レンズとボディは
無事でした。これでイゴマルが探せなかったら、泣きっ面にハチ状態でした(^^ゞ

ゴハチはやっぱり渋いですね!
ありがとうございました。
junpei : 2006年09月04日(月) 23:16 URL edit
hiroshiさん

こんばんは、いつもありがとうございます。
仰いますように、インターネットのおかげで数ヶ月先の鉄道誌に載る様な
出来事もリアルタイムで見ることができるのは、凄いことですね。

日中のイゴマルも押さえたかったのですが、それ以上にバルブでイゴマルの重厚さを
撮ってみたかったので、本当に良かったです。

追っかけ・・・時間が迫るとやはり焦りますね。まして知らない場所なので、余計に焦って
しまいました。しかし、奇跡的に灘(信)の場所を探せて自分でもびっくりです。
撮影が終わってから、雨が降り始め(この時甲子園はコールドゲームになったようです)
カメラは落下させたのですが、少々の運は残ってくれていたようです(笑)

ありがとうございました。
服部勝司 : 2006年09月05日(火) 12:28 URL edit
いつもありがとうございます。

イゴマル追いかけられたんですね。元町駅のシーンは私は止まっていなくてもいい雰囲気だと思います。止めることに越したことはないんですが躍動感があってとてもいいと思います。
junpei : 2006年09月05日(火) 23:53 URL edit
服部さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
元町駅の流し・・・・そのように言っていただいてありがとうございます。
仕事を終えた人ごみの中で流したかいがありました(^^)
止まった感触はあったのですが(^^ゞ雰囲気をお伝えできることができて
良かったです。もう少し背景に神戸らしいところを探しましたが、神戸駅は外側が
壁でアウトでした。しかしこれだけ暗くなると背景もあまり関係ないですね。
イゴマルの上の光軸がイゴマルに華を添えてくれたよう気がします(^^)

古豪健在、ここにあり!みたいな存在感をかもし出していて
嬉しい限りです。次は、ぜひ客車を牽いてもらいたいです。

ありがとうございました。

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shinkaisoku223.blog10.fc2.com/tb.php/315-661e276d

Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。