惜しむ

-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
Monthly : -----
Category : スポンサー広告
New >>
近場撮散策
<< old
夜中だけどサンライズ
Blog Ranking

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2006-03-18 (Sat)



こんばんは、今日は冷たい雨の大阪です。
昨日発で、出雲も終焉となりました。3月に餘部で出雲と再会
してから、山陰へ足へ運び当初は最終日も山陰のどこかでと思って
いましたが、止むを得ない事情で断念。先週から何回か通っていた
嵯峨野線の並河駅で、最後のお別れをしてきました。sakasakaさんも
一緒に来てくださり、二人で最後を見届けました。4レ通過時には、
並河駅に老若男女15名ほどの方がお見送りにきていました。
じっと最後の力走を見届けていました。地元沿線の方々に
愛されてきた出雲だったんだなと実感しました。

3回目の並河駅でしたが、毎回地元の方が別れを惜しんで見送りに
来ている姿に合いました。運転士さんも汽笛を鳴らして下さり
感動しました。

最後は写真に撮らないで、手を振って見送ろうかとも思いました。
しかし自分の記憶に留めるためにもシャッターを押しました。

今は実感として今夜、出雲が走っていないなんて信じられない気持ち
です。

DDの汽笛の音、オシ24、金帯の24系、赤のHMはずっと忘れないでしょう。
出雲が終焉を迎えるまでに写真を始めていて本当によかったと
思います。自分なりに素晴らしい情景の数々に出会えたと思ってます。
そんな出会いを教えてくれた出雲に感謝の思いです。

写真は先週の3レです。午前4時ごろですが、若い女性の方お二人
が見送りに来ていました。亀岡の未明は霧が凄かったです。
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2006-03
Category : 鉄道写真
Comment : 12
Trackback : 0
New >>
近場撮散策
<< old
夜中だけどサンライズ
Blog Ranking

にほんブログ村 鉄道ブログへ

Comment

アキュラ : 2006年03月18日(土) 23:56 URL edit
こんばんは。
出雲の時代が終わってしまいましたね。
私にとってカメラを持ってから、初めて撮影したブルトレが出雲でした。
それだけに感慨深いものがあり残念という言葉しか出てきません。
まだ餘部のお立ち台に立って待っているとトンネルの向こうから姿を現すような気がしてなりません。

私も先日山陰で出雲にさよならを言ってきました。
また弊HPでも最後の出雲の勇姿をアップいたしました。
お暇なときでも見ていただけると幸いです。
sima : 2006年03月19日(日) 00:20 URL edit
こんばんは。
私も出雲の最終日に並河駅に見送りに行きました。
久しぶりにカメラと三脚まで持ち出してチャレンジしましたが、仕上がりを見てがっかりしております。
近所に居ながらもっと早くから通っておけばよかったと思っております。
また一つ国鉄型が消えていきさみしい思いでいっぱいです。




junpei : 2006年03月19日(日) 00:55 URL edit
アキュラさま

こんばんは、コメントありがとうございます。
アキュラさんの新作拝見させていただきました。猛吹雪の中と
雪景色の中の晴天と天候にも恵まれたようで、とても見ごたえの
ある内容ですね。素晴らしいです。
>まだ餘部のお立ち台に立って待っているとトンネルの向こうから姿を現すような気がしてなりません。

ホント、そうですね。今夜もまだ走っているような気がしてならないです。
一夜にしてこれだけの落差があるのかと現実を受け止めています。
ありがとうございました。

アキュラさんのBBSに書き込みしたのですが、またもやエラーになってしまい
書き込みできなくてすみません(汗)時間をみてまた書き込みさせていただきますので
宜しくお願いします。

junpei : 2006年03月19日(日) 01:03 URL edit
simaさま

初めまして、お越しいただいてありがとうございます。
昨日、並河でお会いした三脚で来られていたお方ですね。
覚えています。ご近所に住まれているんですね。
かつての山陰本線をご存知でしたら、尚更、出雲の廃止は
寂しい限りですね。並河駅へ通って何人の方とお話しましたけど、
皆さん、色々な思い出をもってらっしゃて興味深かったです。
昨日も向かいのホームにいらっしゃた年配の方も、じっと見送って
らっしゃって何か思い出があるのかなと思いました。

私の昨日の撮影は撃沈でした(汗&笑)

コメントありがとうございました。これからも宜しくお願いします。
wisteria_apr : 2006年03月19日(日) 11:12 URL edit
こんにちは。とうとう出雲も終わってしまいましたね。
紅いDLと蒼い車両のコントラストがとても好きでしたが・・・。
やはりどういう形であれ古い方は無くなっていってしまうのでしょうね。

今回の出雲の終焉で、身近な列車も撮影しておいた方が良い様な気になりました。
服部勝司 : 2006年03月19日(日) 15:46 URL edit
終わってしまいました。私は最後はPF出雲を見送って来ました。大津駅に私一人でさよならしてきました。帰りの車の中で感傷的な気持ちになりながら帰って来ました。
kurata : 2006年03月19日(日) 23:08 URL edit
まいどっす。
junpeiさんは並河で夜練だったんですね。流しイイ感じに撮れてますね。
私は滋賀県下で10日間夜練してました。結局納得いくカットは撮れませんでしたが
「出雲」のラスト10日間に立ち会う事が出来て良かったと思っています。
衰退の一途をたどるブルトレですが、残りの列車もしっかり撮影しておきたいですね。
hiroshi : 2006年03月19日(日) 23:38 URL edit
今晩は、また時代の1ページが終わったようにも思います
特に東京発の写真は少なかったです、廃止の度に開くブルトレのアルバム
写真を多くとるようになったきっかけでもありました。
最終日は夜勤でした、アクティブや某掲示板のリアルタイムな書き込みで
その来る時間を味わっていました。
大津を通過する時刻、社屋の屋上にあがり、駅通過を確認しました。
さよならじゃなく、お疲れさん長期休暇だねとか独り言
ひとつづつその名前が無くなる度に寂しいなという気持ちが多くなっていきます。
思い思いに見送り、jyunpeiさんもその場所にされたんだと思います。
お疲れさまでした。
junpei : 2006年03月19日(日) 23:39 URL edit
wisteriaさま

こんばんは、いつもありがとうございます。
本当に終わってしまいましたね。今晩、京都から東京へ
返却回送されるそうです。巨星堕つとでもいうべきでしょうか、
原色DD牽引のブルトレがなくなったのは寂しい限りですね。

ありがとうございました。
junpei : 2006年03月19日(日) 23:44 URL edit
服部さま

こんばんは、いつもありがとうございます。
もう走っていない現実を受け止めるしかないのですが
あまりにも寂しいですね。帰りの車中で感傷的なお気持ちに
なりますのも察しできます。服部さまのように数多く出雲と接して来られたので
出会いの1コマ1コマが走馬灯のように浮かんでこられたと思います。
私も最後の雄姿を見届けられて本当によかったです。

ありがとうございました。
junpei : 2006年03月19日(日) 23:52 URL edit
kurataさん

こんばんは、いつもありがとうございます。
kurataさんは滋賀県内だったんですね!嵯峨嵐山駅辺りに行けば
kurataさんと会えるかなと思っていました(笑)
最後のPF出雲10日間を拝見させていただきました。
私もPFも押さえるべきだったと後悔するほど、かっこいいです!
駅は思ったより近くを通るので難しいですね(汗)
地元の方がたくさん出雲とお別れをしているのを見て、出雲の歩んだ歴史の重みを
実感しました。

ありがとうございました。


junpei : 2006年03月20日(月) 08:34 URL edit
hiroshiさま

おはようございます。いつもありがとうございます。
当日は、社屋の屋上でお見送りされたんですね。皆様の中での
3.17は、特別な日だったと思います。hiroshiさまもかすがを追いかけて
いらっしゃったようで、感慨深いものがあったのではないでしょうか?

さよならではなく・・・

そうですね、出雲は山陰を代表する名称ですので、
将来的に何らかの形で、その名称が復活するんじゃないかと思ったりしてます(笑)

ありがとうございました。

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shinkaisoku223.blog10.fc2.com/tb.php/262-074088b2

Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。